くるみの木とは

「くるみの木」は、「一緒に歩こうこの街で ~笑顔つながるあしたへ~」を理念とした「社会福祉法人障害者を守る会」が運営する施設です。
私たちは、障がいのある方たちが住み慣れたこの街で、安心して生活し、やりがいのある仕事(日中活動)をし、休日を地域の人たちや友人たちと過ごせる“場づくり”“輪づくり”をする活動を行っています。それぞれが必要とされる支援を受けながら、そしてつながりながら、一緒に日々を送っていきたいと思っています。

その中で、「くるみの木」は、18歳以上で、主に知的な障がいのある方が、それぞれにあった仕事を行い、収入(工賃)を得る“場”として、また、仕事を通して出会う仲間と色々な事にチャレンジし、それぞれの自信になるような“場”として活動しています。

そして、私たちは、同じように仕事を支援する事業所や、生活の支援をする福祉サービス、余暇を支援する場所と一緒に活動し、支援の“輪”を広げながら、それぞれのメンバーに寄り添った支援を続けていきたいと考えています。
私たちが目指すゴールは、メンバー達の笑顔の“もと”の一つである工賃をアップすることです。

リサイクル品 提供のお願い

「くるみの木」では、リサイクル品として、新座市内の方を対象に以下のものを無料で回収に伺っています。

  • 提供品
    • アルミ缶
      くるみの木専用ネットを用意してあります
    • いらなくなった生活用品
      主にガス台、給湯器、フライパン、炊飯器、アルミサッシ、銅線など、鉄以外のもの(磁石がつかないもの)
    • 着物
      「くるみの木グッズ」の材料として使わせて頂いております。
  • 回収の流れ
    1. 提供される方はまず、くるみの木に電話で連絡頂きます。
    2. 提供品の内容を確認させて頂きます。
    3. 回収に伺う住所や連絡先と日時などを決めさせて頂きます。

沿革

  • 平成2年:
    「新座市障害者を守る会」が新座市より運営受託して障がい者デイケア施設、通称「リサイクルセンター」として開設。
  • 平成3年:
    正式にアルミ缶選別・プレス作業が環境整備課から障害福祉課(現障がい者福祉課)に移管される。以後、作業種目の拡充や施設整備を進める。
  • 平成7年10月:
    「新座市第2障害者地域デイケア施設くるみの木」に改められる。
  • 平成23年4月:
    就労継続支援B型事業所として移行。「就労継続支援B型事業所くるみの木」に改め、現在に至る。

事業内容

リサイクル事業
  • アルミ缶の回収と選別、プレス仕事
  • いらなくなったガス台や給湯器などの解体仕事(非鉄金属)
くるみの木グッズ製作販売作業
  • ストラップ「からふる」
  • カードケース「和ごころ」
  • ヘアゴム「和ごむ」
  • フォトフレームなど
請負事業
  • 内職仕事
  • コンテナの整理仕事
  • 草取り仕事
  • 市役所溶解ゴミ回収
  • 公園清掃

作業時間

  • 9:30~11:45 (10:30から10分休憩)
  • 13:15~14:45 (14:00から10分休憩)

職員およびメンバー構成(平成29年4月時点)

  • 職員
    • 施設長: 1名
    • サービス管理責任者: 1名
    • 主任支援員: 1名
    • 支援員: 5名(非常勤3名、非常勤2名)
    • 事務員: 1名
  • メンバー
    • 男性: 21名
    • 女性: 9名
    • 合計: 30名

入所対象の定員

25名

開設時間

月曜日~金曜日 午前9時~午後4時
(但し、夏季・冬季休暇、年末年始を除く)

住所

〒352-0004
埼玉県新座市大和田4-13-10
TEL: 048-479-7703
FAX: 048-483-5012
E-mail: kuruminoki@niiza-mamorukai.org

最寄駅からのアクセス

  • JR武蔵野線・新座駅より、徒歩20分
  • 東武東上線・志木駅から西武バス「所沢駅東口行き」または「跡見女子大行き」より、「英橋(はねくらばし)」下車 徒歩10分
  • 国道254号線の「大和田交差点」から、車で約2分