『かなで』の命名

十人十色といいますが、10名の障がい者が居れば10色の音色(ねいろ)を奏でてくれます。
その個性ある音色をここちよいハーモニーとして奏でられるような、そんなグループホームでありたいとの願いから命名しました。

【事業の目的】

障がいのある方々の「親亡き後」の課題は、古くて新しい課題。古くは人里離れた入所施設。近年は地域に根差したグループホーム。時が経てば誰でもが高齢になってゆく。高齢者の方には介護保険制度が始まり、障がい者の方には自立支援法。障がい者施策に関しては、内閣が変わるたびまた、経済状況の変化の中でコロコロと変更されてきた。
しかし、一年一年と皆さんが高齢化の道をたどることは誰にも変えられない。そんな中で「守る会」でもグループホームを熱望する声が強まりました。そんな流れから、2017年5月1日グループホーム『かなで』が建ち上がりました。
グループホームは、「親亡き後」の課題のためにもありますが、障がいのある人たちが地域の中で自立した生活を送るためのはじめの一歩としての居場所にもなれます。
また最近では、緊急に短期入所(ショートステイ)を探さなければならないケースが増えてきました。そこで『かなで』にも2部屋の短期入所用の居室を準備しました。今後、緊急時にも対応できるよう体制を整えてゆきます。

【事業内容】

(1)共同生活援助(グループホーム)  定員 10名
(2)短期入所(ショートステイ)  定員 2名

【利用状況】2017年5月1日現在

(1)共同生活援助  男性8名  女性2名
(2)短期入所  男女を問いませんが、受け入れまでもう少しお待ちください。

【スタッフ】

(1)管理者兼サービス管理責任者兼世話人 (常勤1名)
(2)世話人 (常勤1名)
(3)世話人・生活支援員・夜間支援員(非常勤10名)
※毎月シフト制により勤務しています。

【所在地】

〒352-0023  新座市堀ノ内1-3-10
TEL 048-480-4800 Fax 048-480-4801