守る会の理念

「守る会」が進むべき道を明確にするため、以下のことを理念としています。

新座市障害者を守る会は、障がいのある本人一人ひとりの望む生活を叶えていきます。
そのために私達は障がいのある本人を中心に本人の家族や支援者、地域、それぞれの想いや力をつなぎ合わせます。
これらの交流により、つながりのあるあたたかい地域となることを目指します。

守る会沿革

社会福祉法人新座市障害者を守る会(以下、守る会)は、1970年に障がいのある子の親同士の支え合いから誕生し、障がい児通園施設の「みどり学園」や「わかば学園」、障がい者のための福祉作業所の設立に力を注ぎました。
また、養護学校(現・特別支援学校)を卒業した後の進路先に困っていた親の方たちの熱意により、1989年に「けやきの家」、1995年に「くるみの木」が設立され、そして2004年に任意団体としての活動から「NPO法人新座市障害者を守る会」として、新たに出発をすることとなりました。
その後、2005年には生活サポートハウス「いっぽ」を開設し、障がい児も含めた支援を行えるようになり、現在では、障がい児・者サッカーやサマーキャンプなど、休日の余暇活動支援まで展開しています。
そして、2013年2月に社会福祉法人の認可を受け、同年4月より「けやきの家」を社会福祉法人事業として開始しました。その後10月には「くるみの木」「こぶしの森」「いっぽ」の全事業を社会福祉法人事業に移行し、12月をもってNPO法人新座市障害者を守る会は正式に解散しました。
また、社会福祉法人として、より幅広い障がい児・者支援を目標に掲げ、2014年2月には相談支援事業所「ぽけっと」を開設し、障がいのある本人と、その家族の方たちへの支援の枠を広げていける体制作りを始めました。2017年には念願であったグループホーム「かなで」を開設し、親亡き後も地域で安心して暮らし続けていくことを目標とした基盤作りの第一歩を踏み出すことが出来ました。

守る会へのお問合せ

社会福祉法人新座市障害者を守る会 事務局(多機能型事業所 こぶしの森内)
所在地 〒352-0013 埼玉県新座市新塚1-4-1
TEL 048-479-2292  FAX 048-479-2332
E-メール jimukyoku@niiza-mamorukai.org

「社会福祉法人新座市障害者を守る会」および「多機能型事業所 こぶしの森」の地図